2016年11月11日、12日に、東北大学にて ImPACT 評価会が開催されました。 建設ロボットの俯瞰映像システム(東京大学 山下准教授)の実装に、弊社CTOの Moro Alessandro (東京大学 山下研究室 客員研究員)がエンジニアサポートとして参加しました。 前回は、トップビューだけでしたが、今回は、任意視点映像とすることにより周囲の状況確認が容易に行うことができます。 俯瞰映像技術は、本建設ロボットが、遠隔操作により運用されるためオペレータの空間認識向上に有効な技術となっています。


東京大学工学部・大学院工学系研究科 プレスリリース: http://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe/press/setnws_20161111112605522225893076.html

次のニュースサイト「毎日新聞」上で詳細をご覧頂けます。

http://mainichi.jp/graphs/20161111/hpj/00m/300/001000g/6
http://mainichi.jp/articles/20161112/ddm/041/040/099000c

PAGE TOP